映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

リリーのすべて 感想

間違いなく良質、でも個人的には響かない。一番感想に困るタイプの映画でした…。 本作のネタバレ:核心を避けつつ、細かなシーンについては触れます。 役者陣の演技は間違いなくトップクラス。 初めに断言できることとして、メイン二人の演技にケチをつける…

ちはやふる 上の句 感想

久々の邦画でしたが、真っ当に面白かったです!!! 本記事のネタバレ:核心だけは避けつつも、人によってはネタバレになり得る要素が含まれます。 原作の知識:一切読んだことがありません。アニメも見てません。 「かるた」という題材の専門性に触れられる…

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 感想

結論から言うとあかんかった。 この記事のネタバレ:ネタバレなし。全体的に文句を言います。 結局なんやねん感が否めない、とっ散らかった前半部。 いやーーーーーこれ思ったより数倍きつかったっす…。群像劇かな???って思うくらい話があっちゃこっちゃ…

マジカル・ガール 感想

やばいのがきた。尋常じゃない。 この記事のネタバレ:ネタバレなし。細かなシーン内容には少し触れます。 とりあえず絶賛させてくれのコーナー うおおおおおこの映画めっちゃくちゃ良かったぞ!!!予告編を観ただけではそこまで興味も持てなかったというか…

アーロと少年 感想

天才集団ピクサー 容赦なくキレッキレの作品をつくるの巻 本記事のネタバレ:核心には触れず、おおまかなストーリーには触れます。 自然界の苛酷さをファミリームービー上で描き切った怪作。 本作「アーロと少年」は話としてはオーソドックスで、"臆病なアー…

マネー・ショート 華麗なる大逆転 感想

結論から言って、ドチャクソ駄目でした。 本記事のネタバレ:ネタバレなし。っていうか、この映画の話ほとんどしてません(?) 広告マーケティングの仕方がサブプライムローン並に詐欺でしょ。 いつもは記事の最後に予告編貼るんですけど先に観てもらえます…

キャロル 感想

美しすぎる。 本記事のネタバレ:物語に対するネタバレなし。細かなシーン内容には少し触れます。。 美術、衣装、女優 全てが美しい この映画は1950年代のアメリカが舞台なんだけど、この1950年代のアメリカ感がまずすごい。衣装とか、車とか?すごいんです…

パディントン 感想

2016年 舐めててごめんなさい賞、堂々のノーミネートですね~~~(?) 本記事のネタバレ:物語に対するネタバレなし。細かなシーン内容には少し触れます。 超意識の高い、極上エンターテイメント映画 実は「パディントンが可愛いだけのお子様向けムービー…

オデッセイ 感想

諦めない。考える。行動する。 ユーモラスで、勇気がもらえる、万人に勧めたい娯楽映画作品 70億人が彼の還りを待っている……みたいなキャッチフレーズといい、火星で取り残されて一人ぼっちという前情報といい、エンタメ思考の僕が過酷な描写を続けて観てい…

ブリッジ・オブ・スパイ 感想

新年二発目もまた素晴らしく名作でした…2016年飛ばし過ぎじゃない?大丈夫??? 歴史的背景なんかは別に良いからとにかく見ようぜ この映画はアメリカとソ連が冷戦状態だった時代に、アメリカで逮捕されたソ連のスパイを弁護することになったドノヴァンとい…

クリード チャンプを継ぐ男 感想

良すぎる。新年一発目から今年ベスト候補がきました。(去年も同じこと言った) 新年一発目から今年ベスト候補がきたのではないか。 ロッキーシリーズ7作目であり新章。周囲の評判は非常に良いものの自分はロッキーシリーズ未見なのでどうしようかな〜等と思っ…

2015年 映画ランキング

本年もよろしくお願いします。 昨年観た映画は、劇場に足を運んだ新作映画に限ると37作品でした。(意外に少ない!) 2015年の私的映画ランキングを記録しておきます。→ 2014年はこちら スターウォーズは年内の視聴が間に合わなかったので2016年扱いです。 …

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

心がぽかぽかする素敵な映画体験でした。 チャーリー・ブラウンが転校生の女の子に一目惚れして、なんとか振り向いてもらおうと頑張るお話なんだけど(雑あらすじ)、とっても素敵な映画で御座いました。 まずCGが素晴らしい…スヌーピーの世界観はレトロさも…

恋人たち

すごい映画でした。 三人の恋を描いた群像劇なんだけど、恋とは言っても表題からは考えられないほど陰鬱な内容、叶わぬ恋なんですね。しかも、叶わぬ恋と一口に言っても「意中の相手に実は既に恋人がいて…」とかそんな次元の叶わなさとは到底違くて、もっと…

コードネーム U.N.C.L.E. 感想

最近スパイ映画がキてる~~~~~~ アメリカとソ連のスパイ同士という犬猿の仲がタッグを組んで任務を遂行する映画なんだけど(ついにここまで雑になったあらすじ)、面白かったです~~~。いわゆるどんでん返しチックな展開がいくつか用意されてるのでそ…

ヴィジット 感想

鑑賞後のこの名状し難い気持ち。 母が仲違いしていたせいで生まれて一度も祖父母に会ったことのなかったベッカとタイラー(姉弟)が、初めて祖父母のおうちに孫二人だけで遊びに訪問する。でも一緒に過ごすにつれて祖父母の頭が狂ってることに気づきだしてビ…

ジョン・ウィック 感想

僕の大好きなジャンル映画「舐めてた相手が殺人マシーンでした」モノの作品ですよ~ キアヌ・リーブスがロシアン・マフィアのドラ息子に飼い犬のわんちゃん殺されてブチ切れる映画なんだけど(雑あらすじ)、この映画は96時間シリーズなどに代表される「無名…

バクマン。 感想

記事アーカイブ一覧を賑やかにするため今後はポスターアートを載せることとします。 いや~~~~~良かったですね~~~。 まず「日本で一番売れている週刊誌、それが少年ジャンプだ。」ということを示すシーケンスが冒頭から始まるんだけど、この手際の良…

アントマン 感想

これは素晴らしいエンターテイメント映画でしたぞ~~~ 王道ヒーロー映画として文句なしに面白い映画となっておる…素直におもしれー!仕事も家庭も全て失った主人公スコットがひょんなことから「身長1.5cmになれるヒーロースーツ」で世界を救えというオファ…

キングスマン 感想

やばいのがきた。 これは何やろ…何から話せば……結論から言えば最高でした。個人的には今年ベスト級の映画でした。 話の流れとしては、幼い頃に父を亡くした息子エグジーが非行に明け暮れる日々を過ごしていた(しかも母は絵に描いたようなカスDQN男と再婚)…

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 感想

うーーーーーーん 極上のスパイ映画… トレーラーでも起用されてた「生身でジェット機にしがみついたまま離陸して…」ってやつが初っ端も初っ端のツカミになってて、タイトル表記の時点で五億点がポーン!と出てしまう。あのシーンが満を持してって感じで使わ…

ジュラシック・ワールド 感想

いやもう…最高…最高の映画体験だった…4DXオススメ。 初代ジュラシック・パークは小学生の頃に金曜ロードショーで見て一人感動に打ち震えていた記憶がすごく鮮明に残っていて、幼い僕にとって「ああああ食べられる!……なんとか逃げ切った!ってうわああああま…

海街diary 感想

チケットを観る限り7月15日に観たらしいので4ヶ月遅れの感想。 この映画は皆可愛くてとてもいいです。感想は以上です。 いや本当に以上なんだよ…悪いかよ…。勿論ね、俺だって書きてえよ、日常を映し出しながら巧みな演出で四人が本当の意味で姉妹になってい…

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 感想

再開します。 面白かったです。いやアベンジャーズで面白くないわけないんだよな… 前作がもう本当にめちゃくちゃ面白かったので、今回、前作よりグレードアップしてる箇所があったにも関わらず期待値を更に上げた状態で鑑賞したせいで驚きが少なかったので勿…

インサイド・ヘッド 感想

ファミリームービーと見せかけたハイクオリティ大人向け映画では…。 インサイド・ヘッド。人間の脳内には喜び、悲しみ、怒り、ビビリといった感情を司る妖精が宿っており、彼女らが脳内会議して行動を決めるという脳内ポイズンベリーみたいな世界観の映画で…

バケモノの子 感想

膨らむ期待に全力で応えてくれた快作でした。幸せや…。 孤児の主人公九太と、暴れん坊で不器用な熊徹がひょんなことから巡り会って師弟関係を築くという、おおかみこどもと毛色が全く違いつつ引き続き「親子」を描く細田守監督の最新作!めっちゃくちゃ面白…

きみはいい子 感想

世界よ、これが邦画だ。 「そこのみにて光輝く」の呉美保監督の最新作。結論先に言ってしまうと、とんでもない名作でございました。邦画も面白いなああああ……!!! 生意気な子供たちに振り回されるダメ新米教師、幼い娘につらく手をあげてしまう母親、認知…

マッドマックス 怒りのデス・ロード 感想

これはアトラクションですわ。 荒廃し水も燃料も枯渇した世紀末を舞台にマックスが女戦士フュリオサと共に尊厳を賭けて逃げたり戦ったりする映画なんだけど(雑あらすじ)、IMAX 3Dで見てきました~~~楽しかったです。V8!V8! いやーーーー楽しかったなーー…

チャッピー 感想

無類に面白い痛快ハードSF映画でありながら、物語は受け入れがたい方向へどんどん進んでゆき、凄まじくいびつなバランスの映画でした。なんだこのモヤモヤした感覚は! 2016年のヨハネスブルグはギャングたちの蔓延る治安の悪い街だったが、人型ロボット警察…

ラブライブ!The School Idol Movie 感想

なんですかこの圧倒的な多幸感は。 廃校の危機に貧した母校をスクールアイドル活動で盛り上げようと行動に出た高坂穂乃果と、その行動力に巻き込まれていくその他8人のメンバーで構成されるスクールアイドルチーム「μ's(ミューズ)」。彼女らはスクールアイ…