読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

猿の惑星 新世紀(ライジング)



超人気シリーズ「猿の惑星」のリブート版、「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」の続編。結論から言うとめちゃくちゃ面白かった…なんだこれ面白い……。

製薬会社で実験台にされたり虐待されたりと理不尽な苦行を強いられていた猿達が、主人公の猿シーザーを主導に集団で反旗を翻す(革命を起こす)のが前作ジェネシス。そして十年後、滅亡に瀕している人類と、自由を手に入れた猿達の対立を描いたのが本作…という構図なのだけれど、本作は人間側の動機も猿側の動機もどちらも理解できるからこそ、この対立、そして戦争へと発展していく様子にがっつりと感情移入させられてしまった。「お願い、やめて!どっちも争わないでーーーー!!!」ってやつである。どちらにも幸せになってほしいのにズブズブと悪い方向へと転がっていく様は本当に悲しくて悲しくて、それが心を掴まれる。猿が人類に心を開きかけた矢先に裏切りを目の当たりにしたり、互いに共存していく未来が見え隠れし始めた矢先にそんな未来を打ち砕くようなことが起こったり、各キャラクターに飲めり込まずにはいられない。前半の面白さはここにあると思った。

なんといっても魅力的なのが本作の主役である猿、シーザーの人格者っぷりである。どのシーンを拾ってきてもシーザーに惚れずにはいられない。シーザーは一つ一つのセリフがすごく短いというか、限定的なんだけど、そのセリフ一つ一つがずっしり重くて、それがまた痺れた。 彼は生まれてからずっと人間に育てられてきたことから人間の心の美しさも理解しており、また監獄で受けた虐待から人間の醜さも知っている。そういう生い立ちを経てきた彼がとる行動だからこそ「そこでその決断が、出来るなんて…偉すぎるッ!一生ついていくよ、シーザーー!!!」といった感情移入の仕方が出来たのだと感じる。そういう意味ではやっぱり前作である創世記(ジェネシス)を視聴してから見れたのは良かったのではないかな。ありがとう!残業の神様!!!

それはそれとして本当にこれCGか…すごすぎる…わけがわからない。表情豊かな猿達が本当に魅力的だった。コバ(悪役の猿)が人間の前でわざと猿っぽい振る舞いを演技するシーンとかもう最高だった。アクションシーンもまたド迫力で素晴らしい。最後のシーザーとコバがついに対峙するシーンとかもう最高にハラハラしたし、あとやっぱり見終えたらシーザーのモノマネしたくなるよね!!! ゴーーーーー!! エイプス!!!ドゥーノット!!!ウォント!!!ってねーーーーー。

総括すると、シーザーの人間に対する猜疑心とか恩とかその他諸々全てごっちゃごっちゃになった感情を察しつつ、その凛とした気丈な行動に胸打たれたり、それでいて悪い方に悪い方に向かってゆく事態を身を裂かれる思いで見たりする楽しみは絶品でした!(そのためにも前作は見ておいたほうがいい!) そしてCGの繊細さ、豊かさやアクションのど派手さもお腹いっぱい楽しめました!猿と対峙させられたときの人間の恐怖感ガンッガン伝わってきたからね。久々に「これガーディアンズ・オブ・ギャラクシーもっかい見たほうが得だったのでは」と思わなかった映画です!!

おわり。