読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

ベイマックス



いやこれ面白いわ…面白いの一言に尽きる。爽快。こんな映画とは思わなかった。

科学の才能を持て余して非合法のロボットファイトに明け暮れていた少年ヒロが兄の助言で工科大学への入学を志すようになり、その才能をいかんなく発揮するようになった矢先に兄が謎の事故で亡くなってしまい、生前兄が残したロボットベイマックスがヒロの心を癒やそうとして…的な映画なんだけど、元々の予告編や「泣きたいときは泣いてもいいんですよ」やら「大切な人を亡くした時ベイマックスはやってきた」という公開前のキャッチフレーズに騙される事なかれ、これはハートフルムービーの皮を被ったガチアクションヒーロー映画ですわ。最高に滾る。もっとハッキリ言うなら、ディズニー版MARVEL映画。予告編では終始ベイマックスのおっちょこちょいなところばっかり見せられてたから、完全に虚を突かれた感じ。科学という建前はあるものの異能力バトルと言ってもいい。トイ・ストーリーバグズ・ライフの頃から持ち味であるディズニーCG映画特有のファンタジックぷりをいかんなく発揮している映画でした。(ファンタジックなのに科学とはこれいかに。)視覚的な楽しみをガンガン盛り込んでくれるディズニー映画はやっぱり最高ですわ…兄のタダシにラボを案内されてるシーンとか、ヒロじゃなくたってワクワクするに決まってるでしょ!!!

そんな前半部分だけでも「うわあああ楽しいいいいいいい!!!!」って感じなのに、物語が展開していくにつれてアクション色がどんどん強まっていくわけです。この意味がわかりますか?ディズニー映画のCGクオリティで、凡人では考えもしないようなアクションで、縦横無尽に動きまわる個性豊かなキャラクター達を見れる!!!と、この時点で劇場に足を運ぶ価値は絶対にあるんだから。予告編見て「どうせお涙頂戴のファミリー向けハートフルストーリー映画なんでしょ、はいはい。」って思ってる人達はとっとと3Dメガネ着用して映画館に走らないと本当に損するからね。ベイマックスめっちゃかっこいいぞ?おん?

更に本作はディズニーCG映画お得意の「成長のカタルシス」も盛り込まれていてそれがまた良い。モンスターズ・ユニバーシティとかを想像してもらえるとわかりやすいけど、どうしようもない壁(敵、ライバル、課題)にぶち当たって一度折れかけたところに「俺達はこのままじゃダメだ…」と一念発起(もしくは発想の転換)が入り、目に見えてスキルアップしていく主人公達!!という流れが本作にもあって、こんなの見せられたらカタルシスを感じずにはいられないわけで、問答無用で爽快なんですわ。今回で言えば得体の知れない黒幕に立ち向かうために自分たちがそれぞれ専攻していた科学の持ち味を活かしてパワーアップを図るシーンがあるんだけど、これがまたスタイリッシュに挿入歌も流れだして粋にもほどがある!!!余談だけどこのシーン上映中に隣で中国人?女性三人組がベラベラ喋ってたからほんま顔面に消火器まいたろかなと思ったけどそれはまあ良いわ。絶対に許さないから覚えとけよ。

と、ここまで絶賛ばかりしてきたけれど、じゃあ手放しに満点の映画かというと、逆にハートフルストーリーとして見ると疑問なところが大いにある。特に予告でも既に明かされていた「兄の突然死」についての問題である。兄タダシの死因は、大学が謎の火事に見まわれた際、教授を助けに行こうとしたら結局自分も死んでしまった……という内容で、さてこの謎の火事ってのが結局誰の仕業なのか、放火なのか、放火だとしてその必要性はあったのか。このあたりが結構重要なのに最後までハッキリしないまま終わってしまう。中盤でヒロが「あの火事は証拠隠滅のためにあいつが火をつけたに違いない!」とか全く根拠の無いまま決めつけて物語が進み、そこから二転三転して結局こういうことでしたってのが明かされても「いやいやいやいや……」って感じ。この辺あまり具体的に言うとネタバレになってしまうからなんとも言えないけど、結局あの火事は事故ってことでいいの?という点に対するはっきりとした明示をしてくれないと、悪役に対する情緒酌量の余地とかも大きく変わってしまうんだなあ。本作では「復讐」=「誤った行動」という立ち位置に置き、最終的に悪役をも「成敗」ではなく、ベイマックスの本分である「ケアする」ことで解決に導くことを良しとしてる。しかし、もしも悪役が意図的に放火したというのならあまりにも行動が極悪すぎるし、いくら兄はベイマックスを戦うために作ったんじゃないだの人々の心を癒やすためにベイマックスを生んだだの言われても、そんな程度の説明でヒロがコロっと復讐の念を鎮められるとは到底思えない。そんなわけで、悪役に魅力が無かったなあというのは残念なところだと思いました。こんなにガチガチのヒーロー映画なのに悪を成敗しないという点もなんとなくもどかしいし。(これは気のせいかも)

というわけで日本の宣伝担当の目論見にまんまと騙されて心温まる物語を楽しみに劇場へ足を運んだらその点は全然楽しめなくて、でもそんなことどうでも良くなるくらいベイマックスが最高に格好いい。そんな映画でございました。細かなところでいうと、ヒロが挫けそうになったときに抱きしめてあげる役回りを担ったキャラがハニーレモンではなくゴー・ゴーだったところにキュンときた。てなクソ感想だったり、あとは異空間から脱出するときのいざこざに対する理由付けが「ヒロを守ろうとしてジェットシステムが壊れて…」という取ってつけたような理由ではなく、せっかく前半部分で充電切れネタを多用してたならそれを伏線として使ったほうがスマートだったのでは…などという素人のクソ提案だったりいろいろ書きたいことはあるんだけど、そんなのはもういいや!見て損はない映画でした!オススメです!!! おわり。

 

 

 

追記。

「悪役に魅力がなかった」問題。(がっつりネタバレ有り)

 

「結局火事が誰のせいだったのか明らかにしないのはマズイでしょ」という僕の指摘に対して、「いやいや彼がやったことは間違いないし、納得もいける作りだったでしょ」と指摘の指摘を受けたので追記します。

ちゃんと感想を書くためにもあの記事書く前に僕なりに下調べしたんですけど、やはりどうもその件に関しては特に諸説あるようだったので(単なる事故だった説もベイマックススレなんかでは根強く残ってるみたい。)いろいろ見て回ってから書きました。調べた中で一番合点がいく解説してたのはこちらのYahoo知恵袋の解答で、僕もそれが一番の線だと思ってます。


映画ベイマックスで兄のタダシが死んでしまった火事の原因は何だったん... - Yahoo!知恵袋


一応、事故派の意見にもたしかにね~って説明はあったんだけど。納得度が最も高い解説をしてたのはやっぱり上の記事なので、火事の犯人もあいつだったという結論で話を進めます。
ただそうするとあの悪役、やっぱり魅力なさすぎでしょ。カスでしょ。

良いヒーロー映画には良いヴィランがつきものです。今回はその意味では0点です。「家族を奪われた」という私怨のために(意図せずだとしても結果として)他の「家族を奪い」、それに対する反応が「あいつが余計なことをしたからだ」との返答なんだからもうカスすぎる。ヴィランなんかじゃない、カスである。じゃあ、タダシの死を軽視してまで、そこまで執着していた娘がいざ解放された時に彼はどれほど喜んでいたのかというと、喜ぶ描写も無ければひと安心する描写さえ一切ない、ただ警察に逮捕されてうなだれる姿のみ。カスすぎでしょ!!!結局お前は何がしたかったんだ!あれが「自責の念」「後悔の念」でうなだれてたんだとかいう好意的すぎる曲解は却下します。

だからね。あんなカス野郎、ぶっ殺してもいいんだけど、せめて一発グーパンチでも入れてもらわなければ、こっちの溜飲も下がらない。爽快感がない。なのにヒロは「ベイマックスが作られた理由は人を傷つけるためなんかじゃない!」とかわけわからんところで改心して、あのクズ野郎に救いの手を差し伸べる。これが本当につまらない。

    本作では「復讐」=「誤った行動」という立ち位置に置き、最終的に悪役をも「成敗」ではなく、ベイマックスの本分である「ケアする」ことで解決に導くこと を良しとしてる。しかし、もしも悪役が意図的に放火したというのならあまりにも行動が極悪すぎるし、いくら兄はベイマックスを戦うために作ったんじゃない だの人々の心を癒やすためにベイマックスを生んだだの言われても、そんな程度の説明でヒロがコロっと復讐の念を鎮められるとは到底思えない。そんなわけ で、悪役に魅力が無かったなあというのは残念なところだと思いました。



 これは元々書いた上の記事の引用だけど、もっと簡単にまとめるなら

「魅力的な悪役ならケアする落としどころも悪くないけど、カスならカスで、そこはぶっ飛ばしてほしい。」という話ですな~~~~。このモヤっと感は根強く残りますな~~~~~だからケアロボットという特性を活かすなら悪役にも納得度を添えてほしかったし、そうでないならぶん殴って欲しかったです!!!!ヒロがダークサイドに堕ちる映画が見たかったよおおおおおうわあああああああまぁディズニーが作るファミリームービーに何を求めとんねんって言われておしまいの話なんで全然???いいですけど????どうせ悪いのは作り手でなく曲がった見方をする我々???ですし????おすし おわり。