読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

ANNIE / アニー 感想

良作正統派ミュージカル映画で大変ようございました!!見終えた後、素直にさわやかな気持ちになれる素敵な映画です。

f:id:ma2baga2:20151119214949p:plain 

明るい少女アニーは幼いころに生き別れた両親を探す孤児で、ビジネスの一環として市長選挙に出馬した携帯電話企業の社長スタックス(ジェイミー・フォックス)とひょんなことから出会って、同居して、一緒に過ごしてるうちに惹かれ合って…的な映画なんだけど、期待通りの素敵な映画でした。

まず開始直後のオープニングが最高に良い。導入部を見ただけでも、こんなん良い映画に決まってるやん!!ってなる。ここで流れる挿入歌の「Overture」という曲の出来が最高に良くて、映画中の主要なミュージカル曲(Tomorrowは勿論のこと、I Think I'm Gonna Like It Hereや、ラストに流れるI Don't Need Anything But Youまで)をメドレー化した楽曲で、アニーが下校しつつ街を走り抜けていつものレストランへ向かうシーンなんだけど、自転車のベルや排気ガスの音、路上ライブしている人々等といった街並みの生活音がそのまま楽曲になっているという非常にワクワクする演出が施されてるんですな~~~。この時点で5億点出てます。ああもうこの映画見に来てよかった!開始3分で、もうこの映画見に来てよかった!アニーが街の皆から愛されていることもわかってキャラクター造形がはっきりするし、楽しそうなアニーを見ているとこっちも楽しくなってくる!そしてもう一つ5億点が出てるシーンがあって、それは物語がハッピーエンドに収束した時にアニーとスタックスが二人で「I Don't Need Anything But You」という曲を歌うシーン。これがまたもう最高に良い。はっきり言ってストーリーは「ん?」って思うことも多々あって(後述します)、もしこれがミュージカル映画でなければ消化不良も少なからず起こしていたと思うのだけれど、二人が楽しそうにデュエットするこの「I Don't Need Anything But You」を聴いていたら、ああもう、全部いいや、だって二人がこんなに幸せそうなんだから!!最高!アニー最高!!!フォーーー!!!ってなるんです。これだからミュージカルは良いんだよなって心の底から思いました。オープニングと、ラストシーン、これを見るためだけでもいい、映画館で見る価値は間違いなくあります。

ということでオープニング、エンディングでそれぞれ5億点出てるので、この映画を見に来てよかったと思ってる前提の話なんだけれども、気になる箇所が無いわけではなかった。まず一つに、結構な頻度でやたらめったらミュージカルが始まるからゲンナリしてしまう部分は間違いなくあった。ミュージカルの醍醐味とは、演じている人々の感情を歌で体現することにあると思うんだけど、今回のミュージカルは感情表現の手段ではなく、歌うことそのものが目的になってしまっていたように感じるんですなーー。難しく言ってるけど、要するに「ミュージカルシーン入れなきゃ…」という目的のためだけに用意されたミュージカルに感じたというか。例えばアナ雪のレリゴーって、ミュージカルでしか表現し得ないじゃないですか。レリゴーの歌には私は孤独に生きていくの!これでいいの!という寂しさや虚しさを内包しつつも、本当の私を解放できたという喜びもまた混在してて、そんな感情は言葉では表現し得ないのであり、それをうまく歌で表現してたわけじゃないですか。つまりあれはミュージカルあってこその名シーンだったわけだけど、本作は「悪役とおばさんが姑息な作戦のために手を組む」みたいなシーンでも、その二人が急にデュエットしだしたりして、観てるこっちは「いや、このシーン、いる!?」ってなるんですねーーーうーーんうーん。曲が入ったせいで逆にテンポ悪くなっとるわ!!!と。

そしてとあるキャラの、前半と後半でのキャラの変貌っぷりがあまりにもご都合主義的すぎて全くついていけなかった。一応心変わりの原因として描かれるスタックスとの会話があるんだけど、そんな間接的な会話だけで心変わりするんだったら今までのクソみたいな態度は何だったん?としか思えない。あと前半に「アニーを疎ましく思いつつイケメンには色目を使うおばさん」的なキャラが何故か別々に二人も登場して、そんなわけのわからないところでキャラ被りしても不快なだけやろ!と思いました。しかし当初はガキへ触れたくなさすぎて常に消毒液を持参していたようなスタックスがアニーに対してデレデレになっていく様はなんだかんだでニヤニヤ出来たし、それでも欲を言えばもうちょっとアニーとスタックスが距離を縮めていく描写がわかりやすければなぁとは思うものの、凸凹な二人のぶっきらぼうな接し方は十分飽きずに最初から最後まで楽しめました。サントラ買って毎日聞いてます。最初と最後のシーンはミュージックビデオとしてmp4が欲しいな~~~。Tomorrowも良いっちゃ良いんだけど、思いの外それ以外に素敵な曲が多かった。やっぱミュージカルっていいもんだなあ。細かいことは抜きにしても歌が良ければオールオッケー!みたいな楽しみ方も出来るし(適当)音楽っていいね! でも字幕版にさえも容赦なく平井堅のEDへ差し替えてるのはどうなん… おわり