映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

きっと、星のせいじゃない。 感想

素敵な映画に出会えた………

f:id:ma2baga2:20151119214227p:plain

 

末期がんを患う10代少女が同じがん患者の少年と恋に落ちるラブストーリー映画。ひねくれた性格をしている僕は、難病恋愛映画って時点で、見る気が失せてしまう。人が死んだら誰だって悲しいんだから、工夫がなくても半ば強制的に泣かされる。そこで泣いてしまうのは映画がすごいからじゃない。人が死ぬという事実が悲しいだけだ。簡単にいえば、「お涙頂戴は興が醒める」の一言に尽きるんだけど、「この映画はそういうのとはわけが違うぞ。」との各方面の声を聞いて平日のレイトショーに映画館へ足を運んだわけです。

結果から申し上げて、僕にとって忘れられないかけがえのない一作になりました。この映画は、別に僕らを泣かせるのが目的で作られたわけでもなければ、人が死んだら悲しいでしょ?なんていう当たり前のことを僕らに伝えたいわけではない。この映画はお涙頂戴どころか正反対で、どこまでも前向きなテーマで語られており、見た後は大変爽やかに前向きな気持ちで映画館を後に出来ました。「良い映画だったね!」と。

何よりアンセル・エルゴート演じるガス(オーガスタス)が良すぎる。良すぎ帝国。良すぎ帝国とは、良いの最上級であまりに良すぎた際に建国される帝国のことです。(適当)彼は清々しいほどにイケメンで、顔は勿論のこと人間性が魅力的すぎる。主人公の末期がん患者ヘイゼルとの馴れ初めのシーンからして、「何、そんなにジロジロ見て?」「いや…美しいからつい…」とか言ってるの。いやそう聞いたらこいつめっちゃいけ好かないと思うんだけど、嫌味がない直球さというか、裏表の無さが出ていてとても良い。友人のアイザックが彼女にフラれてガスの部屋で大暴れしてるシーンでヘイゼルに対して「彼は今失意のどん底で……あ、その服の色合いとてもいいね!それでさ…」とかナチュラルに話の途中でヘイゼルを褒めるところとか、思ったことをそのままサラリと言ってる感じが超イケメン。イケメンなのは女に対してだけではなく、元カノへの恨みをクッションに叩きつけるアイザックに対して「壊れる物のほうがいい」とか言って自分が昔バスケの試合で受賞したトロフィーを差し出してぶっ壊させるシーンとか、ユーモア溢れてる上にガスの器量も伝わってきて最高の名シーンですよね。そして何より、いかした発言の後は必ずと言っていいほど「どう?」って感じでにっこりスマイルするのがキュートすぎる!!「悪いけど、なんと言おうと君を愛してるよ。」(にっこりスマイル)、「アムステルダムに行けるよう手配したよ」(にっこりスマイル)、これがねーーーーー可愛いんですなーーーーー。いやガスの話はこれくらいに。ガスが魅力的だからこそこの映画がここまで素晴らしいものになってるというのは声を大にして言いたいんだけども、きりがない。

1回目は平日の109シネマズ川崎でレイトショーを一人で見て、2回目はシネ・リーブル池袋に祝日見に行ったのだけど、後者は公開から結構経ってるのに未だ満席で、鼻のすする音がめちゃくちゃ聞こえてきたのが印象的でした。泣かせる映画は嫌いだけど、いっぱい笑っていっぱい泣ける映画はいいものだなとか 思ったり思わなかったり、ともかくこの映画が僕にとって特別なものとなったことだけは間違い無いのでありました。何度でも言うけど人が死んで悲しいねって話じゃないのだ。ガスのヘイゼルを想う気持ちが、そしてヘイゼルのガスを想う気持ちがあまりに美しく、愛しくて、思わず泣いてしまったのだ。息を引き取るシーンにこそ泣かせ演出を盛り込むような野暮なお涙頂戴に反吐が出るという人こそ、見て損はない映画だと思います。テーマがテーマなだけに悲しい展開は多々あれど、ジメジメした暗い映画に全然なってないよ!!

 

 

以下、最も魅力的に感じた部分を二点ほど。若干のネタバレを含む。

 冒頭でガスは言っていた。忘却が怖いと。死後に誰の記憶からもなくなることが怖いと。ガスはヘイゼルと出会い、限られた命の中でたとえ死後に万人から覚えられなくても、史実に残らなくても、一人を深く愛し、愛された幸せを喜ぶようになる。誰の記憶に残らなくとも、君にとって特別なだけで自分はこんなに幸せなんだと。死と向き合いながらも、限られた時間に「無限」を見出して、力強く幸せを謳歌する二人の若者の話。なんて前向きな映画なんだろうか…………!

この映画は残される者の話でもある。それは両親であったり、恋人であったりするわけだけど、作中の「残される側の人々」は、こんなことなら初めから出会わなければ良かっただなんて絶対に言わない。「でも、愛せて良かった。」と。「人は辛さに耐えて生きることの出来る生き物だ」と、言う。別れは悲しいけど、ガスは作中「君に傷つけられるなら本望だ」と言っていた。悲しいけど、悲しい物語じゃないんだ。君を愛せて良かった~~~~~~~~~おろろろろろろーーーん;;;(落涙)

 

まごうことなきオススメです。公開館数めっちゃ減ってるから急いで見てくれ~~~~~頼む!!!!!