映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

シンデレラ / アナと雪の女王 エルサのサプライズ 感想

イントゥ・ザ・ウッズなど無かったんや……(無情)

f:id:ma2baga2:20151119213039p:plain

 

※今回はネタバレに全く気を使いません(有名すぎるので。)

ディズニーラブストーリーの原点にして頂点、シンデレラの実写映画。はっきり言って予想を超えて素晴らしかったです。ストーリーとしては、心優しく美しいシンデレラは継母とその娘にこき使われ虐められる日々を過ごしていたがなんやかんやあって王子様と幸せに暮らしました…という話なんだけど(あまりに雑すぎる)、まさしく皆さんの知ってるシンデレラのストーリーをそのまま追うので、ある意味ネタバレを気にしなくて済む珍しい映画ですね…。でも視聴者が物語を全て熟知しているってのは勿論大きなハンデであり、「次にどんな展開が待ち受けてるのだろう?」というハラハラ感は一切ないわけです。しかし!この映画を見ている二時間余りで、退屈に思った瞬間はなんと一度としてありませんでした!!その理由は大きく2つあって、「シンデレラの健気さ」と「映像の美しさ」です。

まず前者のシンデレラの健気さについて。シンデレラは心優しき両親に育てられ、気品を、学を、優しさを受け継いでいるのです。どんな時でも他者を想える良い子なんです。例えば父が息を引き取ったことを使いの者がシンデレラに伝えるシーン。シンデレラはただ一人の味方とも言える愛する父を失い、もう敵しかいない住処で暮らしていかねばならないという絶望的な状況にも関わらず、彼女の第一声は、使いの者に対する「あなたも辛かったでしょう…」という労りの言葉。このシーン一つとって見ても彼女の心の美しさが良くわかります。聖母すぎるやろ……。もう本作のシンデレラを見たらイントゥ・ザ・ウッズのアナ・ケンドリックなんかどうでもよくなるね。Wikipediaの写真で見たらそんなに可愛くないしな???(失礼すぎる)つまり、もう彼女が健気すぎて健気すぎて、見てるこっちも親が子を見守るかのような感情にも近い気分になってくるんですねーーー。彼女が幸せそうにしていたら自分も幸せな気持ちになるし、彼女が継母に虐められていたらこっちも怒り狂ってしまう。これは、心を奪われたということですかね????(適当)退屈なんてするわけないじゃないか!!!

そして映像の美しさ!もうこれに関しては絶対に映画館で見たほうがいいと思うんだけど、魔法使いにドレスアップしてもらうシーンは、画面の美麗さだけで十分カタルシスが生まれるほどの完成度なんです。そして変身を遂げる彼女の姿は同時にそれまで受け続けた屈辱や抑圧された思いの解放も意味しており、シンデレラが美しく映れば映るほど、よりカタルシスを大きなものとすることに成功しています。このシーンで、ここまでシンデレラを美しく見せた時点でこの映画はもう大成功でしょ!!!

 

※以下、映画独自の演出にもネタバレ・言及しています。

 

継母と二人娘の憎さ加減も筆舌に尽くし難いものがあり、前述の通りシンデレラが天使すぎるせいで余計に憎らしく写ります。正直、ラストシーンで彼女らがどれほどの屈辱を味わうのかと楽しみにしてしまったほどです。イントゥ・ザ・ウッズよろしく、靴のサイズに合わせて足を切り落としてほしいほどに。それほど最低最悪な継母に、この映画のラストでシンデレラが実際に投げかけた言葉は「私は貴方を許します」だったわけです。これはーーーーーーーーーーーーー!!!!シンデレラが「許す」ことで何故か僕の溜飲が下がる下がる。そういう締め方をするのか!目から鱗がボロボロと。僕らのシンデレラは最後の最後まで僕らのシンデレラで在り続けたんや!!!!(意味不明)

本来、本物の性悪に「許します」と言ってもさしたるダメージにはならないんです。でもこの継母はその言葉に崩れ落ちた。それは、そもそも継母がシンデレラを虐げる理由に、「シンデレラの心の純粋さが気に入らない」というのがあったからだと思うんですね。だからこそ、慈愛深きシンデレラを良く思っていなかった継母が、そのシンデレラの慈愛こそに救われてしまうという屈辱がそこにあったんですねーーーー。だからねーーーーーー なるほどな、と!!僕は思いましたね!!!愕然とする継母に唾を吐き捨てるよりも遥かに彼女らしいではないか。

シンデレラ嬢、完璧であります。素晴らしい映画でございました。

 

アナと雪の女王 エルサのサプライズ 

f:id:ma2baga2:20151119213159p:plain

ああああああああああああああああああああああ最高最高最高最高最高最高最高最高最高最高最高最高最高最高ありがとうございますありがとうございますありがとうございますありがとうございます;;;;;;

サービス精神の塊を観ました…僕達の大好きなアナと雪の女王をそのまま作ってくれたような7分間!!!シンデレラ始まる前に拍手しそうになったわ…。エルサも、アナも、オラフも、クリストフも、そしてハンスも、「そうそう!この子達はこうでなくっちゃ!」という、アナ雪の世界に一瞬で引き戻してくれる映像でございました。

エルサは13年にもわたり大好きなアナを避けてきたわけで、その反動が大爆発したかのようなシスコンっぷりを発揮していて、それが微笑ましくてまず素晴らしい!(意外にも僕はエルサ派なのである!)そしてクリストフはちゃんとアナが到着するまでケーキを守りきったわけで、なんだかんだで頼もしい!ってことじゃないですか!!!そういうことじゃないですか!!あああああ最高でしたありがとうございます;;;

僕はだいたい洋画は字幕!って決めてるんですけど今回のシンデレラは吹き替えでみまして、その主な理由がエルサのサプライズを吹替で観るためだったんですねーーーー本当大正解でした。FOOOOOO!!!!

おわり