映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

フォーカス 感想

予告編のワクワク感を超えることがないまま終わってしまった…

f:id:ma2baga2:20151119213016p:plain

スリやら美人局やらなんでもできちゃうプロの詐欺師(ウィル・スミス)が、女に惚れながら色んな詐欺をしているうちにどんどんピンチになっていく話なんだけど(雑あらすじ)、思った程ではなかったんですねーーーーー……。

まず元も子もないこと言っちゃうとスリ行為の描写が不快。お前なーーー財布無くしたら大変なんやぞ!!!身分証明書とか全部入ってるからな???(紙の月をレイトショーで見た後、映画館に財布を置き忘れた人間)まぁこれは言っても仕方ないことなのでおいておきます。

しかしなにより、どんでん返しの種明かしロジックがイマイチ納得出来ない!!物語の中盤で、頭がクラクラするような掛け額でギャンブルを行うシーンがありまして、そのシーンの後に「実はこんな手を使ってたんだぜ」という種明かしが行われるんですけど、全然納得いかーーーん!!は???無理やろそれ????この手の映画で種明かしシーンの納得度が低かったら逆にどこで楽しめばいいの???ということで中盤の時点で退屈になってきました。

そして終盤に進んでも尚の事、「実はこうでした」「実はこうでした」という後出しジャンケンとまでは言わんけども釈然としない種明かしが重なっていくせいで、結局ウィル・スミスが女役に惚れてるのか惚れてないのかという一番大事なテーマの部分まで疑ってしまって。最後の見せ場っぽいシーンでさえも、「あ、結局その愛は真実だったのね…」「あ、そう…ハイクル」って感じで終劇という感じです。

まぁ雰囲気は悪くなかったんやけどねーーー予告編でハードル上げすぎましたね。良かった派の人の意見も聞きたいところです。 今回はごっつ適当やけどおわり。