読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

マッドマックス 怒りのデス・ロード 感想

これはアトラクションですわ。

f:id:ma2baga2:20151119212540p:plain

荒廃し水も燃料も枯渇した世紀末を舞台にマックスが女戦士フュリオサと共に尊厳を賭けて逃げたり戦ったりする映画なんだけど(雑あらすじ)、IMAX 3Dで見てきました~~~楽しかったです。V8!V8!

いやーーーー楽しかったなーーーーー良かった良かった。圧倒的な迫力でござった。IMAXで見れて良かったわ。映画はアトラクションだと思いました。本映画が公開されてからというもの、映画界はお祭り騒ぎです。例えるなら、ディズニーやUSJのようなテーマパークにヤバいアトラクションが期間限定で新設されたぞ、と。これはやってる間に足を運ばないとあかんぞと。映画好きがこぞって劇場になだれ込んでいるような印象です。だからね、爽快なアトラクションで急上昇、急降下、大回転、大迫力!を味わった後でその快感を、「一回目の急降下が絶妙で…」みたいに言葉で表して長文で説明するのは難しいんです。誰がスプラッシュマウンテンに乗った後に事細かく感想を文章に書き起こすかって話。だから楽しかったーーーおわり!って感じでこの記事はおわりにしたいと思います。 おわり

 

ちなみに勢いだけのバカ映画かと言えばどうやらそうでもなく、言葉では説明されない世界観、キャラクター造形など細かなディティールにおいて「どうやらこの世界ではこういう価値観が根付いているようだぞ?」「あのシーンから察するにこの世界はこういう仕組みなのか!?」といくらでも推察できる要素があるから、見終わった後に「あのキャラってこうだよね~~~」みたいな話で盛り上がっても楽しいし、一見バカ映画なのに深読み大好きな人や映画評論家からの支持も熱いという珍しい映画なんだと思います。僕も色々な記事を読んで「っはーーー、あのシーンってそういうことだったの!」みたいな気付きは沢山あったのだけど、ここんとこずっと多忙だし他に観たい映画もいっぱいあったしで1度しか観れておらず。初見は急降下急旋回に頭をクラクラさせるだけで満足でしたので、次観る時が映画館かBDかはわかりませんが、全く別の楽しみ方を期待する次第。