映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

パディントン 感想

2016年 舐めててごめんなさい賞、堂々のノーミネートですね~~~(?)

f:id:ma2baga2:20160213222605p:plain

本記事のネタバレ:物語に対するネタバレなし。細かなシーン内容には少し触れます。

 

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plain 超意識の高い、極上エンターテイメント映画

実は「パディントンが可愛いだけのお子様向けムービーなんだろうな…」というのが当初の印象でして、観に行くつもりもなかったのです……が!映画情報サイト、オスカーノユクエさんが「大人も必見」とレビューしておりましたので行って参りました!これが大正解でした~~~うおおおおおおお!!!

この映画、割りとベタな展開の詰め合わせみたいな内容なんですよね。お約束みたいな展開を丁寧に丁寧に重ねていくことで、びっくりするほど良作になっている!!という印象です。…いやこの表現だと、展開が読めちゃって退屈なんじゃないの?って話になるんですけど、言いたいことはそういうことじゃないんですよ!!

これはたとえ話ですけど、道の真ん中にバナナの皮が落ちていて向こう側から人が歩いてくる…ってな場面があったら、僕達は勿論滑って転ぶ姿を期待しますよね。そしてこのパディントンという映画は、僕達が期待する通りに、何なら想像を上回る勢いで盛大にすっ転んでくれるんですよ!!だからこっちも凄く素直に笑えちゃうんですよね。誰の目にも明らかな、いわゆる「フラグを立てる」行為をしておいて、それをめちゃくちゃ高水準な演出で回収してくれるからすっごい楽しいんです!!

もっと簡単に言えば、ダチョウ倶楽部の「押すなよ!絶対に押すなよ!」ですかね…(あ、これだいぶパディントンの話と遠ざかってきましたね。)

f:id:ma2baga2:20160214004805j:plain

「多分こうなるんだろうな~」 からの、「そこまでやるんかい!!」が秀逸。

…かと思いきや、すっかり忘れていた伏線を終盤に回収することで完全に思いもよらない方面から爆笑を誘う場面も用意されていたりして、そこも侮りがたしです。挿絵画家のブラウン夫人の一幕は全く予想出来なかったのでめちゃくちゃ笑っちゃいました。悔しい!!あと、養護院の天丼ネタもシュールで良かったですね。

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plain パディントンが可愛い 家族が可愛い それだけで幸せ

やっぱり特筆すべきはパディントンのCGが凄すぎる……可愛すぎる…なんじゃこりゃ…あわわわ…… いや、すっごいぞこれ…ものっそい可愛いんですよ。仕草とかが。礼儀正しく「しようとしている」ところがめちゃくちゃ可愛い。森育ちだから結局粗相しまくっちゃうんだけど、自分の知りうる限り、見よう見まねのマナーで頑張って礼儀正しく振る舞うパディントンがもう可愛くて可愛くて。「人間って、こういう文化あるんでしょ?僕知ってるよ!」みたいな感じで頑張ってやるけど、いやそれちょっと違いますから!みたいな。笑 かわいいよね~~~~~~~いやさっきから可愛いしか言ってないな……もうこれは映像を観てもらわなきゃなんも言えん…(じゃあ書くなや)

ビジュアルや仕草的にも結構擬人化が強めで、パディントンを構成するクマと人間の比率で言えば人間寄りのように思うんですよね。そのバランス自体はいい感じなんだけど、たまーーにめっちゃ、実家で飼ってる猫に似た挙動をするんですよ。あれもたまらん……骨董屋さんに訪れたパディントンが、室内を走る列車の模型を目で追いかけるシーンがあるんだけど、もう本当にミュウちゃんそっくりなんですよ…(あ、うちの猫の名前ですね。)

で、パディントンを迎え入れるブラウン家の家族たちがまた皆可愛いんですよ……お前ら愛しすぎか…。家族を愛するあまり石頭なお父さん、優しい包容力のあるお母さん、年頃で反抗期な娘ジュディちゃん…はーーなんか皆かわいいんだよな。

f:id:ma2baga2:20160214013136p:plain

家族みんな可愛い…ジュディちゃんの、家族で行動するときにまでヘッドホンしちゃう感じが反抗期っぽさ出てていいっすね~~~。(何目線)

 

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plain その他、細かなところで良かったこと

美術がね…すごいよね…特に家の中の描写がね…でも専門的なこと言えないので美術の話はこれで終わり(ひどい)。

あとニコール・キッドマン演じる悪役のミリセントが控えめに言っても超美人で悪役映えの仕方もすごい良い感じだったんだけど、48歳だそうで……えええ……はあああ…世界とは…(?)そしてトム・クルーズの元嫁なんですね…なるほどね~~~~(?)まあ彼女が焼却炉に火をつけるシーン、お前がそれをしちゃったら自分の目的果たせなくなっちゃうだろ!ってツッコミは野暮ですかね~。

そろそろまとめに入るけど、ほんっとに舐めてかかったら「え、この映画めちゃくちゃ良くない?????」ってなること請け合いなので是非観に行ってみてください。めっっちゃ面白いぞ~~~すっごい笑っちゃうし、感動するし、ほっこりするし、可愛いし、こんなに観てて幸せなんだから劇場に足を運ぶくらいしたほうがいいんじゃないですか???

あとテーマ性もはっきりしててその辺を絶賛する方も多いのですが、今回はあえてそこには触れずレビューしてみました。 おわり