映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 感想

結論から言うとあかんかった。

f:id:ma2baga2:20160408223514j:plain

この記事のネタバレ:ネタバレなし。全体的に文句を言います。

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plain 結局なんやねん感が否めない、とっ散らかった前半部。

いやーーーーーこれ思ったより数倍きつかったっす…。群像劇かな???って思うくらい話があっちゃこっちゃに飛ぶため、これは何してる場面?これはどこに繋がるためのエピソード?ってことに毎回首を傾げて考えながら観る羽目になって、後から「ああ、この展開の布石だったのね。」と、わかる頃にはすっかり頭が疲れてしまっておりました。(むしろ群像劇のほうが誰にフォーカスを当ててるかわかりやすいだけマシなのでは。)そして全てが綺麗に繋がっているかというとそうでもなく、あれは結局なんやってん…と思うような部分も多々あり、この長尺でこの冗長具合は苦痛の域でした。

僕らが見たいのは表題通りにバットマンとスーパーマンがバチバチやるところだと思うのですが、前半はその辺に全く動きがなく。じゃあバトルが始まるまでのエピソードにも興味関心を惹くよう作られているかというとそうでもなく、全く話が進んでいるように感じない。「はよ対決しろや」の一言に尽きましたね。

とは言っても、そもそも僕はマン・オブ・スティールを未視聴のまま鑑賞したため文句を言えた立場ではないと思ってます。同作の巷での評判がすこぶる悪かったので予習を怠ってしまったのですが、マン・オブ・スティール観てない人は早々に切り捨てられる作品だったので、謎が増えて余計に退屈だったのだと思います。ゾッド将軍をどうこうするくだりとか全部わからんかったからな…。

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plain多少なりとも楽しめた部分もある。難もある。

とりあえず批判からスタートしましたが、純粋によかったと思えるポイントもございますので紹介致します。大きく分けて3つ。

まずはレックス・ルーサーの悪役造形は非常によかったと思います。超気持ち悪くて超よかったですよね、あの嫌らしい立ち振舞い。ちょっとネジの外れた感じ。演じたジェシー・アイゼンバーグの演技幅には驚きました。(鑑賞中はソーシャル・ネットワークの主演と同一人物という認識が抜け落ちてました。あまりに違いすぎて。)

しかし、今作で悪役を語るならば否が応でも脳裏を過るのが、ジョーカーとの比較なんですよね。これに関してはもう本当に相手が悪すぎるとしか言い様がないんだけど、ジョーカーと比べると二枚も三枚も落ちてしまいます。恐らくジョーカーとの圧倒的な差は「信念に基づく行動」の有無かと思いますが、ともかく今作のレックスは単なるサイコ野郎に留まってしまっていたように感じます。

f:id:ma2baga2:20160409001949p:plain

ちょっと挙動不審だったり、サイコパス入ってる身振り手振りは最高に良かったです。

二つ目は全体的に明らかにお金かけまくってる過剰演出が純粋に楽しかったという点です。例えるなら壁一面金箔で作られた部屋のように、ともかく過剰こそ正義と言わんばかりの演出。この一周回ったダサさも含めて僕は支持したいと思います。「派手な爆発をIMAX3Dで見れたらとりあえず楽しい!」という。それに尽きると思います。とはいえ光という光にこれでもかというほどレンズフレアが差し込まれていたのはすっごく気になりました。「お前は初めてオプティカルフレアだかノルライトファクトリーだかの有料プラグインを買ってはしゃいでる映像クリエイト科の専門学生か????」とツッコミを入れたくなるほどに、やりすぎ!!!光りすぎ!!!どんだけ光るねん!!!

三つ目の良かったところは、バットマンの「"生身の人間"として戦っている」という部分でした。スーパーマンのような人智を超えた能力の持ち主が跋扈するなかで、あくまで人間として知力と体力を尽くした戦闘をするところが好感を持てるんですね。ひとたまりもないような攻撃に対して、なんとか人間ができる最大限のパフォーマンスを活かして凌いでいるバットマンの姿が、今作で一番格好良かったと思います。

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plainもう一度文句を言わせてくれのコーナー

総括すると、全体的に冗長で退屈で理解困難。だけど豪華絢爛な過剰演出により繰り広げられるバトルは圧巻。基本的にはネガティブだけど良いシーンもちらほら。と、こんなバランスでございました。何にせよタイトルのようなわかりやすいイメージを期待すると、あまりの暗さに面食らってガッカリしてしまうと思います。

あと個人的な話をすると、最初から最後までスーパーマンを全く好きになれませんでした。最初のほうでロイス・レインとバスルームでイチャイチャしてるのが癪に障ったから好きになれないんですかね????(怒)全ッ然魅力がないように思えたのですが、マン・オブ・スティールを見れば意見も変わるんですかね???あれだったらベン・アフレックのほうが5億倍応援したくなるし、よかったとおもいます。バカっぽかったけども。

f:id:ma2baga2:20160125005641p:plainどさくさに紛れて映画と関係ない文句のコーナー

このブログ、何のワードで検索して訪問頂いたかというのを解析できるんですけれども。4月1日以降、めちゃくちゃアクセスが増えてたので気になって調べてみたんですよ。そしたら…。

f:id:ma2baga2:20160410204958j:plain

エイプリルフールズ エロ !!!!!

残念ながらお望みのものはご用意しておりませんで…当たり障りない感想記事でございました…。おそらくエイプリルフールズが地上波初で放送されたそうで、エロシーンがカットされたとかでその部分を知りたかったんでしょうか。唐突なんやねん…。

 

ということで話を戻すと、バットマンVSスーパーマンはだめでした。おわり。