映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

クリーピー 偽りの隣人 感想

うーーーーん。いまいちノリきれなかった……悲しい……。悪い映画では無かったけど僕はノリきれませんでした……。

f:id:ma2baga2:20160717093117p:plain

本作のネタバレ:核心を避けています。細かな点には触れます。

f:id:ma2baga2:20160717093942p:plain香川照之の怪演。「嫌な感じ」持続タイム世界ベスト級。

良いところを先に述べますと、まずは何より役者陣の怪演ですね~~~。特に西田(香川照之)、もう、気持ち悪!!!!なにこれ、気持ち悪!!!

西田登場シーンの第一印象は「なんか感じ悪い人だな~~」程度の不快感なんですが、どうも会話を重ねていくごとに不気味さが徐々に増していき、西田と接することに対して身の危険さえ感じるようになってくる。なんとも噛み合わない。気味が悪くて仕方ない。

f:id:ma2baga2:20160717103447p:plain

会話してるのに、会話になってない。意味はわかるのに、意味はわからない。気持ち悪い!

で、何が嫌かって、狂いっぷりが一定ならば単なる狂人と認識して対策しようがあるのだけれども、話が案外通じる瞬間というのもありまして、これが本当に嫌なんですね~~。「あれ?この人、実は良い人?」なーんて、うっかり接近を許してしまう。このように狂人度合いに波があるから、なかなか警戒心の閾値を超えない。そして本当に「この人ヤバい!」と思った頃にはもう戻れないところに来てしまっている……うぎゃーー気持ち悪い!!!

いやもう、さっきから気持ち悪い気持ち悪い連呼してるけど、この映画本当に気持ち悪いんですよ。ずっと気味が悪くて嫌~~~な感じ!色彩の妙なのか撮り方が良いのか、とにかく何もかもが不穏。普通の民家を撮っても気味悪い!現代的なキャンパスを撮っても気味悪い!ずーーーっと持続する嫌~~~な感じ!!

この「うわ~~~気味悪ぃ~~~」「人間って気持ち悪い~~~」という部分を堪能できるだけでも、この映画を観て損にはならないと思います。

f:id:ma2baga2:20160717121057p:plain

西田だけでなく、実は高倉も十分すぎるほど狂ってて、それもまたよし。

f:id:ma2baga2:20160717093942p:plain後半から大失速。無視しきれないツッコミどころがノイズに。

上記のとおり、前半の不穏な感じは非常に楽しめました。しかしながら後半へ進むに連れて引っかかる部分、ノリきれない部分が増えてゆき、最終的に置いてけぼり感が残ったまま幕を閉じることになりました。

特に気になった部分として、端的に言って日本警察が無能すぎるという点。例えば「私、まだ警察呼んでません!」のくだりで連行されていく高倉のシークエンスなんかは、アホらしすぎて最早コントを見てる気持ちになり思わず笑ってしまいました。あれだけお膳立てされた不穏感が後半へ進むにつれススススッ……と瞬時に冷めてゆくのを感じました。

とはいえ、周囲の評判を見る限りこういった部分に引っかかってる方々は少数なようで、上記の不満はもはや個人的な相性の問題なのかもしれません。本作にかかわらず「気になってノイズになるポイント」と「全く気にならないポイント」というのは人それぞれであり、上で主張した内容に対して「いやいやフィクションなんだからそんなこと気にすんなよ」で流せる大半の方はこの映画を楽しめてラッキーだし、僕はたまたまそれが消化しきれず興が冷めてしまったから運が悪かった。本作のシナリオが全体通してあまりにガバガバなのだとすればそれは作品の落ち度かもしれませんが、今回はどうやらそうではない気もします。

映画「セッション」で「こんなのジャズではない」と激昂した菊地成孔氏のように、無視できないツボにハマってしまったらこれはもう仕方ない。好きになれないのは仕方ない。ここは個人ブログなので好き勝手に書かせていただきますが、「不安感を煽る前半パートは楽しめたものの、終盤へ進むにつれて次第にどうでもよくなってきた」というのが個人的なまとめです。楽しめなくて残念!

f:id:ma2baga2:20160717093942p:plain細かな点で良かったところは他にもあった。

脇役っちゃ脇役ですが、東出昌大くんが良かったと思います。彼といえば未だに「桐島部活やめるってよ」のイメージが強いですが、今や名俳優の地位を不動のものにしていて感心します。

f:id:ma2baga2:20160717122538p:plain

イケメンすぎる~~~憎い~~~~(なんなんだ。)

あと、物語終盤に用意された、西田と高倉が対峙するシーンもハラハラして良かったですね。本作の最も冒頭のシーンで、高倉は「サイコパスをたしなめる」ことに失敗した瞬間を観客は一度目の当たりにしているので、西田へ話術を駆使するシーンが余計にスリリングになっていて良かったと思います。

あと、西田(香川照之)の「こいつ狂ってんなぁ…」とか「まだまだいくぞぉ」とか、狂気的すぎて逆に笑っちゃうセリフとかも頭おかしくて良かったと思います。

前半よかったのになーーーーーノイズが増えてきて、興味関心が持続しなかったなーーーーーー惜しい、惜しいです。楽しめなくてすみませんでした(?)。 おわり