映画おじさんの絶品クリームシチュー

謎テンションで新作映画の感想を書きます。

パワーレンジャー 感想

パワーレンジャー全然ダメでした。

笑えるくらい空振りだったので、記念にこの空振った今の気持ちを残しておこうと思い、半年ぶりに戻ってきました。

注意:以下に該当する方は読まないことをお勧めいたします。

・本作を素直に楽しめた方。(水を差すような酷評の記事になっています。)

・本作をまだ観ていない方。(容赦なくネタバレしています。)

 

f:id:ma2baga2:20170724231703j:plain

 

f:id:ma2baga2:20161008212650p:plain このシナリオを戦隊ヒーローモノとして描く意義とは

実はわたくし、観に行く前から評判は聞いてたのです。「なかなか変身しない」とか、「思いのほかドラマ寄り」とか。「そもそも全然戦隊モノっぽくなかった」とか。だからある程度、戦隊ヒーロー要素が占めるウェイトの大小は気にしないでおこうと腹に決めて鑑賞に望みました。

戦隊ヒーローモノを観にきた人が期待はずれとガッカリするのはまだしも、僕は、そこを予め合意の上で観にきた人間です。戦隊ヒーロー要素が控えめなことを想定していた。それでも尚、思ってしまった。

「別にこれを戦隊ヒーローでやる意味なくねえ???」

f:id:ma2baga2:20170725001210j:plain

前述したとおり、本作はなかなか変身シーンがやってこないのですが、なぜなら「彼らが精神的に成長した」というメタファがそのまま「変身できるようになった」ことで示されるので、必然的に変身もラストになるわけです。

「今まで精神的に未熟だった、悩み多きティーン・エイジャー達が仲間たちと成長を通じて、満を持して戦隊ヒーローに変身!」うん、これだけ聞けばなんだかいけそうな気がします。しかし実際はパッとしない。パッとしないんですよ皆さん!!!!

 

まず「悩み多きティーン・エイジャー」描写になんとも新鮮味がない。というか、共感できるほど深掘りされない。そもそも5人がそれぞれ別の悩みを持った状態で物語が進むせいで個別にクローズアップする尺もなく、各人の悩みが結局は取ってつけたような「ステータス」と化してるっぽいのもよろしくない。加えて、どのような困難を経て乗り越えられたのか、全く説明がついてないと思うんですよね。ヒーローになる前となった後で、彼らは何が変わったのか?否、何も変わってないように思えてならない。

 

上記を冗長させるのが、「仲間の大切さを学び変身できるようになりましたよ。」ってのを示すためのシークエンスなんですけど、これがまた、よせばいいのに5人のうちの1人が悪役のリタってやつに一旦殺されて、皆で後悔して自己犠牲の思いを語り、それをもって生き返るという茶番で説明するわけなんですよ。そんなんで成長を描写されても、それこそ取ってつけたようにしか見えんでしょ。。。

 

シナリオ自体も難ありだと思うけど更に輪をかけて演出上の問題もあって、前述の一人が殺されるシーンってのが「身体を縛ったまま海に落とす」という殺され方なんですよ。にも関わらず、落とされた瞬間他の4人が助けるもんだから割りと早い時間で引き上げられて、まさかあれで死んだとはとても思えない。

でも画面の向こうで4人はバカ真面目に、「おい!返事をしろ!おい!・・・・し、死んでる・・・」とかやるもんだからもうギャグかと思って笑っちゃいましたね。しかも前半に5人が湖をめっちゃ深く沈んでそこらじゅう散策するシーンがあったもんだから、余計に矛盾しているように見えて笑えてくる。

 

f:id:ma2baga2:20170725002005j:plain

あとねー、このリタって悪役が全然強そうに見えないし、実際強くない。残酷描写が生ぬるすぎるのはファミリー向け映画だから仕方ないっちゃ仕方なんだろうけど、それにしても間抜けに見えてな・・・。「クリスタルの居場所を吐け!」みたいなくだりも、それ嘘情報を伝えても鵜呑みにしてくれたんちゃうん・・・という疑問が残るほどお粗末だし、パワーレンジャーの一人である女の子(イエロー)の部屋に忍び込み「私の仲間になりな!」って言うシーンの直後にイエローが他の4人にそのことを報告してるのもネタかと思って笑ってしまった。脅迫の効力無さ過ぎやろ!!!

 

最後に、戦闘シーンもパッとしないんですよ!!!!!!!!!! なんか、5人が力を合わせてチームワークを発揮するシーンが特に無くて、なんか偶然合体して、どーん!みたいなね。うん。残念だったなあ。

 

まあ、ここまでさんざんボロカス言いましたけど、それでも良かったなと思うのは、この5人のキャラクターを嫌いになることは一切無かったことです。むしろ好感が持てたというか、こいつらを眺めている時間自体は全然退屈じゃなかったというか。

だから同じ「なんか思いのほか暗くて、戦闘シーンが最後にしかない」という共通項でくくれるスーサイドスクワッドと比較したら、よっぽどこっちのほうが面白かったです。5人が画面に映っていたら一応は退屈しないからね。

 

まー、なんですかね。普段だったら「まぁこんなもんだよなー」って感じだったんですけど、今日は会社で誘われた楽しい楽しい飲み会を途中で抜けてまで観に行ったもんだから余計に損した気分になりました。(八つ当たりじゃねーか)

 

おわりでございます。

 

f:id:ma2baga2:20161008212650p:plain おまけ どうでもいい近況のコーナー

最近で言えばハクソーリッジめっちゃ良かったですねーーーー。

アンドリュー・ガーフィールドサイコパス片想い感が最高でしたし、戦争シーンの「聞きしに勝る地獄感」も良かった。「衛生兵がいっぱい命を救う話」という身も蓋もない結論は認識した上で観に行っても、「え、本当に今からいっぱい命救うの?無理じゃない?」って思っちゃうほどの地獄絵図でしたね~~~。

あとジョンウィック2も期待通りって感じで。ローガンも良かったね。メッセージも最高最高最高!!!!今年はハズレっぽいハズレに一切当たってない気がするな~。

 

あと、セールスマンとライフと、私が藤原竜也です?って映画あたりを観たいと思いつつ観れないままいるのが悲しいです。

ではまた気が向いたら更新しますーーーーー。 おわり。